HOME

受かる履歴書の書き方講座

看護師の履歴書「書き方で失敗」

落ちやすい履歴書の書き方

落ちやすい履歴書の書き方

看護師が転職で失敗するのは、履歴書の書き方に問題があるからかもしれません。「履歴書には細心の注意を払っているはずなのに書類選考に通らない」とお悩みなら、履歴書の正しい書き方ではなく失敗している書き方に注目してみましょう。

[`evernote` not found]
Pocket

履歴書で気をつけたいこと

履歴書で気をつけたいこと

履歴書は、送れば必ず隅々まで読んでもらえるというものではありません。パッと見て読みにくそうと思う履歴書は、それ以上読んでもらうことなく選考が終了してしまうことすらあります。これではいくら良い実績があっても伝わりません。たくさんの情報を履歴書に詰め込んでしまうと、読もうという気持ちがまず失せてしまいます。書類選考をどうにか突破したいという気持ちが強すぎると、読み手の気持ちを考えない独りよがりな履歴書になってしまうので注意が必要です。誤字脱字が多かったり、フォントや西暦・和暦の統一感がなかったりすると、雑な人という印象を与えてしまうでしょう。手書きの乱れた文字も印象を悪くしてしまいます。

落ちやすい履歴書

落ちやすい履歴書

意外に思われるかもしれませんが、基本情報の誤りは履歴書でよくある失敗のひとつです。自分の名前や住所などは、「間違えるはずがない」という先入観があるからこそ間違いに気づくことがより難しくなります。普段から書いている項目は、慣れているゆえに無意識で、つい雑な書き方になってしまいがちなので注意が必要です。パソコンで作成すれば間違えないかというとそうではなく、変換ミスや数字のもれなどのおそれもあります。
学歴や職歴の年月を間違えてしまうことも少なくありません。休学や休職の理由が書かれていないというのもマイナスポイントになってしまいます。大卒の人が義務教育から学歴を書いてしまうこともありますが、学歴は最終学歴の1つ前から書くのが一般的です。職歴では、本来株式会社と書くべきところを省略して(株)にしてしまうのもNGです。資格欄に、応募する職種とは無関係の資格を書ける限り書いてしまうのもあまりおすすめできません。不必要な資格が多いなら、なるべく省きましょう。
本人希望欄は、希望を自由に書いてもいい項目ですが、あまりにも書きすぎてしまうと自分の要望ばかりを押し付けている印象を与えてしまいます。空欄も良くないので、何もなければ「貴社の規定に従います」などと書いておくようにしましょう。応募先から履歴書に記載しておくよう指示されたことを書き忘れてしまうと、「指示をきちんと確認できない人」という印象につながってしまいます。
書類選考に落ちやすい履歴書の特徴を統括すると、「ミス」「書きすぎ」「書き忘れ」が致命的なミスになることがわかります。これらの点を参考に、自分の履歴書のどこで印象を悪くしてしまったのかを丁寧に検証してみましょう。

こちらの記事がおすすめ!

  • 転職エージェントに添削してもらう

    履歴書の添削をしてもらうなら、履歴書を普段から見慣れている人に見てもらうのが最も合理的です。ハローワークを利用することもできますが、看護師の履歴書なら看護師転職に詳しい専門エージェントに添削してもらったほうがより濃い情報をもらうことができます。履歴書についてエージェントに相談すれば、合わせて看護系の仕事探しについての相談もできます。専門エージェントなら非公開求人の紹介も受けられるのでおすすめです。

    不安な人は他の人に添削してもらおう 転職エージェントに添削してもらう
  • 職歴欄の書き方

    履歴書にはそれぞれ書き込むべき項目が用意されているので、項目に沿って自分のことについて書けばそれなりのものが完成しますが、戦略抜きで書いた履歴書で採用担当者の心をつかむことは難しいでしょう。同じ履歴書でも、パートやアルバイトの書き方と正社員の書き方は違いますし、書くべきことや書かなくていいことも違います。看護師の場合は専門性が高い職種なので、履歴書に関する一般論をそのまま当てはめればいいとも限りません。

    アピールできる履歴書 職歴欄の書き方