HOME

受かる履歴書の書き方講座

看護師の履歴書「修正して失敗」

履歴書を修正してはいけない理由

履歴書を修正してはいけない理由

看護師の場合、資格や条件など書くべきことがいくつもあるので、履歴書をかなり書き進めてから失敗すると、本当にがっかりしてしまうことでしょう。履歴書を手書きで作成していると、つい書き間違えてしまうことも多いものです。最初のほうならともかく、最後のあたりまでほぼ書き終えたところで間違えてしまうと、集中力が一気に途切れてしまいます。わずか1文字の書き間違いなら、修正してそのまま使いたい気持ちになるかもしれません。

[`evernote` not found]
Pocket

履歴書の修正は絶対にNG

履歴書の修正は絶対にNG

結論からいえば、修正した履歴書を提出するのはマナー違反です。当然キレイなものであるべき書類が修正されているだけで、その価値は格段に下がってしまいます。履歴書は、自分と応募先との最初の接点ということを忘れないようにしましょう。手書きならば、書き損じ用に多めの履歴書を用意しておくことが鉄則です。

なぜ履歴書を修正してはいけないのか

なぜ履歴書を修正してはいけないのか

ビジネス書類はミスが命取りです。人の命を預かる看護師ならば、少しのミスが文字通り命取りになりかねません。履歴書を書き間違えることそのものが致命的なミスとなるわけではありませんが、修正したらそれは致命的なミスになります。自分が履歴書を受け取る側だったらと想像してみましょう。修正した痕跡のある履歴書を受け取って、どうその人をイメージするでしょうか。書き直す根気がなく、作業の雑な人ととらえるのではないでしょうか。看護師を希望している人が履歴書の段階で雑さを見せていたら、書類選考の段階で却下されるのが普通です。どんなに書き方や内容が良くても、修正してあるだけでその価値がゼロになってしまうおそれがあるのです。

わずかな間違いであっても書き直す

わずかな間違いであっても書き直す

履歴書の中身は、間違えたら書き直しが基本です。修正テープなどを使えばキレイに修正できるかもしれませんが、公式書類でそれをやれば自分のマナーの悪さのアピールになるだけです。書き直しには時間も気力も消耗しますが、雇用を勝ち取るためには絶対的に必要なステップです。書き間違えてもいいようにと。間違えることを見越して「消せるボールペン」などを使って履歴書を書こうとする人もいますが、何かの拍子に文字が消えてしまうリスクもあるのでおすすめできません。絶対にダメという明確な基準があるわけではありませんが、公式書類は消せないタイプのペンを使うのが基本です。

それでもどうしても修正したい場合

それでもどうしても修正したい場合

どうしても履歴書を修正したいなら、間違えた部分に二重線を引いて訂正印を押せば正式な訂正扱いになりますが、履歴書でこれをやっていいことは一切ありません。カッターなどで薄く削って修正という方法をとる人もいますが、どれほどキレイに処理しても修正したことはわかるのでやめておきましょう。どうしても1枚で終わらせたければ、薄く鉛筆で下書きをした上からペンで書いて、しっかりインクが乾いてから下書きを消しゴムで消すという方法が安心かもしれません。

こちらの記事がおすすめ!

  • 転職エージェントに添削してもらう

    履歴書の添削をしてもらうなら、履歴書を普段から見慣れている人に見てもらうのが最も合理的です。ハローワークを利用することもできますが、看護師の履歴書なら看護師転職に詳しい専門エージェントに添削してもらったほうがより濃い情報をもらうことができます。履歴書についてエージェントに相談すれば、合わせて看護系の仕事探しについての相談もできます。専門エージェントなら非公開求人の紹介も受けられるのでおすすめです。

    不安な人は他の人に添削してもらおう 転職エージェントに添削してもらう
  • 職歴欄の書き方

    履歴書にはそれぞれ書き込むべき項目が用意されているので、項目に沿って自分のことについて書けばそれなりのものが完成しますが、戦略抜きで書いた履歴書で採用担当者の心をつかむことは難しいでしょう。同じ履歴書でも、パートやアルバイトの書き方と正社員の書き方は違いますし、書くべきことや書かなくていいことも違います。看護師の場合は専門性が高い職種なので、履歴書に関する一般論をそのまま当てはめればいいとも限りません。

    アピールできる履歴書 職歴欄の書き方