HOME

受かる履歴書の書き方講座

看護師の履歴書は郵送マナーでアピール

郵送時のマナー

郵送時のマナー

看護師の求人に応募する際、履歴書を郵送しなければならない場合があります。履歴書が無事完成してホッとしたところで油断しがちですが、郵送の方法までしっかりと気を配ってひとつのアピールポイントも逃さないようにしましょう。

[`evernote` not found]
Pocket

まず準備するもの

まず準備するもの

履歴書の郵送は、封筒に履歴書を1枚入れて送付すればOKというものではありません。職務経歴書など、別の書類を提出するよう求められている場合は、それらも履歴書と合わせて郵送します。また、添え状も用意します。すべての書類が揃ったら、新品のクリアファイルに入れてから封筒に入れます。送付する書類は面接の準備にも使用するので、すべてコピーをとって保管しておきましょう。

添え状を用意する

添え状を用意する

添え状は、たとえ送付物が履歴書1枚だったとしても用意すべき書類です。内容はよくある定型文でかまいません。左上に宛名、右上に日付と自分の連絡先と氏名、本文、同封物(箇条書き)、右下に「以上」というのがおおまかな基本フォームです。この添え状が1枚あるかないかで、書類のまとまり感がかなり違います。

封筒の選び方と書き方

封筒の選び方と書き方

市販されている履歴書に封筒が入っている場合がありますが、この封筒はパートやアルバイト求人に応募する際に使うものと考えておきましょう。封筒のサイズは、書類を折らずに入れることができるA4サイズを選択しましょう。封筒の色に関しては、茶封筒だからマナー違反とまではなりませんが、封筒の色は白が好ましいとされています。どちらの色でもかまいませんが、白のほうがきちんとした印象を与えられるかもしれません。
封筒の宛名は、細いペンよりも太めのサインペンで書いたほうが自然です。郵便番号欄がない封筒は右上にそのまま書きましょう。住所は右側に都道府県から、宛名は中心部分に会社名と担当部署、担当者名を縦書きします。株式会社を(株)に省略せず、正式名称で書くのがマナーです。中心部に「〇〇部(課)御中」「〇〇部(課)採用ご担当者〇〇様」などと大きめに書き、会社名は宛名の右側に住所と同じぐらいの大きさで書くのがベターです。左下部分には、赤で「履歴書在中」と書きます。履歴書在中のスタンプが100円ショップなどで市販されているので、それを活用するときれいにまとまります。自分の住所と氏名は、封筒の裏面左下に書きます。郵便番号は横書きで、それ以外は縦書きです。住所は、都道府県や建物名などを省略せずに書きます。
完成したら、封筒の折れや汚れ、料金不足などのミスを防ぐため、ポストではなく郵便窓口で重さを計ってもらってから郵送しましょう。切手を貼って郵送する場合、カジュアルなデザインのものにならない配慮が必要です。特に指定がなく、急ぎでなければ速達ではなく通常郵便で問題ありません。

こちらの記事がおすすめ!

  • 転職エージェントに添削してもらう

    履歴書の添削をしてもらうなら、履歴書を普段から見慣れている人に見てもらうのが最も合理的です。ハローワークを利用することもできますが、看護師の履歴書なら看護師転職に詳しい専門エージェントに添削してもらったほうがより濃い情報をもらうことができます。履歴書についてエージェントに相談すれば、合わせて看護系の仕事探しについての相談もできます。専門エージェントなら非公開求人の紹介も受けられるのでおすすめです。

    不安な人は他の人に添削してもらおう 転職エージェントに添削してもらう
  • 職歴欄の書き方

    履歴書にはそれぞれ書き込むべき項目が用意されているので、項目に沿って自分のことについて書けばそれなりのものが完成しますが、戦略抜きで書いた履歴書で採用担当者の心をつかむことは難しいでしょう。同じ履歴書でも、パートやアルバイトの書き方と正社員の書き方は違いますし、書くべきことや書かなくていいことも違います。看護師の場合は専門性が高い職種なので、履歴書に関する一般論をそのまま当てはめればいいとも限りません。

    アピールできる履歴書 職歴欄の書き方